FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

るろうに剣心

タカラヅカについてはあいつだろうと言わんばかりに、この度様々なジャンルの友人たちから多数お問い合わせいただきました、タカラヅカ版るろうに剣心。
るろ剣世代な上、制作発表の様子が完成度高かったものだから、これまでの2次元コラボと比べても、周りの反応もかなりあり…。

まぁ、でもそんな状態な訳でチケット難は容易に想像ができ、東京で見ることができるかどうかはどうも怪しかったので、確実に見たいのであれば遠征をおススメするよ、ということで、手形参り(別記事参照)も兼ねて遠征してきた訳です。

正直、るろ剣長いからどの辺りやるのよ?というのが配役発表前からありましたが、
結果かなり冒頭の方のお話になっていましたね。
(私の周りはTwitterにて京都編で盛り上がってましたけど。笑)
まぁ散漫になってしまう可能性と、単なるジェンヌさんのコスプレで終わる可能性もありますから、手広くやっても仕方ないですから、ちょうど良い選択といいますか…。

久々宝塚まで来て思ったのが年齢層の高さ…絶対るろ剣知らないだろうな~っていう世代。
逆転裁判とかBASARAの時よりも全然年齢層が高い。(今までの宝塚の二次元コラボ系って若い人多い印象あったんですよね~。)

そんな訳で、原作知らなくても大丈夫です!っていうのが狙いなのでしょうね。
幕末の剣心の過去から舞台は始まります。

今回の公演のオリジナルキャラクター、加納惣三郎(望風斗)や斎藤一(彩風咲奈)等のキャラクターとの過去の関係性とか剣心の立場とか幕末の様子が丁寧に描かれていて、歴史物としては随分分かりやすくなっていました。

しかし、原作読んでいた立場で言いますと、抜刀際の剣心って…そんなんでしたっけ?…的な…。

説明が多すぎなんでしょうね…。
だって原作の抜刀際ってなんとなく雰囲気で説明ないですもん。
過去の亡霊が生きちゃってるんですよ。
詳しく描くのであれば致し方ない部分もあったのかな…?と思いつつ、ん~、でもあんなに青臭くないっていうか、抜刀際じゃなくて比古清十郎と修行してるあたりの剣心?

そして明治に入ると安心する…。ちゃんとるろうに剣心になっていました。笑


…とはいえ脚本、演出が地味というか…。
一幕が説明で終わってしまって全然盛り上がりがない。
二幕はアクションばっかりですっごい楽しいのですけど、一幕最後あたりにもう少し盛り上がりがほしい。
小池先生にしては演出が地味…。
舞台装置をふんだんに使ってというのが最近ないですね。
ただ、1789でも思ったのが、客席を舞台と見立てて利用するという手法が多くなっています。
それも面白いのですが、正直一階席じゃないと面白くないと思うんですよね…。
2階だとなにやってるか分からないんじゃ…?
今回一階で大ちゃんのアクション真横で見ることができたのは本当幸せだったんですけどね。


本当雪組生の演技力でどうにかなっていたっていうか…。
初日明けてすぐに見に行ったのもありますが、東京来るまでにどうなっていくか。

と、いう訳で出演者雑感。

緋村剣心(早霧せいな)

ちぎちゃんの剣心。
素晴らしく剣心。身長、ビジュアル申し分ない。
演技も細やかで殺陣もすごい軽やか~。
ただ、抜刀際のであった過去との演じ分けに苦戦しているような印象。
ただ脚本に問題がありそうなので…、東京までになんとか修正してくるのではないでしょうか。

薫(咲妃みゆ)

ゆうみちゃんの嫌味のないヒロインっぷりが素敵な薫でした。
なぜか薫って私の周りでは評判が悪いヒロインのイメージだったんですが、なんていうかヒロインど真ん中。
生意気なところも可愛らしく演じられるのは本当本人の資質なんでしょうね~。

そしてちょうど見に行った公演で、デュエットダンスの前半でで片足靴脱げちゃったけど、そのまま普通に踊り切っていてすごい。
片足だけヒールってどんだけ辛いか…。

加納惣三郎(望海風斗)

オリジナルキャラクターの割に一番しっくりきていただいもん。

幕末の頃、おいらんに入れあげて身請け代稼ぎをするため辻斬りをするようになり、新撰組に追われる過程で抜刀に遭遇している。
幕末を生き延び明治の世でフランスかぶれになって阿片の密売。
加納自身はキャラ的に観柳に近い。
二人とも性根から腐っている。
幕末から腐ってた人が生き残ってさらに腐っている感じだったので、だいもんの演技で本当なんとかなっていたけれど、観柳がいるんだからこの手のキャラはそんなにいらないような…。
もうちょっと脚本上、掘り下げても良いキャラクタだった気もしますが、だいもんが演技で掘り下げてた。笑
そして脚本と原作の差を埋めるべく奮闘している他の方々を後目にかなり良いキャラになっていました。
原作に登場させたいとの感想は、だいもんが演じたからこそ、でしょうね。

斎藤一(彩風咲奈)
咲ちゃん素敵~!!
しばらく雪組を見ていなかったのもあって、咲ちゃんの成長っぷりに驚く…。
たまたま93期は初舞台ムラまで行ったので、可愛い系だと思ってたんですがすっごいカッコイイ!!
スタイルからして相当作りこんでいる!
悪・即・陣ソングもたまらず…。
あれ、絶対おかしいけど、なんか素敵!!

武田観柳(彩凪翔)

悪役なのに憎めない。
ヴィジュアルはやたらカッコイイ。
加納惣三郎がいるので、原作よりも悪役としてのポジションは低めながら、コミカルなキャラクターで良かったです。

相楽佐之助(鳳翔大)
…大ちゃん似合いすぎ、素敵すぎ!!
ヴィジュアルからもう完璧で、さらに本人のキャラと被る部分もあるのか適役でした~。
客席下りで横通ってくれて幸せでした。

高荷恵(大湖せしる)

退団か~。
個人的に映画がミスキャストだと思ってたので、適役。
猫なで声で剣心にすり寄ってる様子とか、薫おちょくってる感じとか、巧かったです。
色気とちゃめっ気が程よい感じで素敵でした。

明神 弥彦(彩みちる)

巧い。漫画から出てきたみたいでした!
やんちゃっぷりが憎めない感じ。
娘役さんがやってるんですね~。

四乃森蒼紫(月城かなと)
なんだろうか…
立ってるだけのイケメンっぷり。
正直、映画でも思ったんだけど、いつもなぜか掘り下げられない蒼紫様。
故にただの突然ストーリーに割り込んでくるイケメンになっている…!!
ただイケメンというだけで存在感を発揮し説得力をもたせていたれいこちゃんすごいけど…。
しかし、原作読んでない人が蒼紫をどう思ったかが不安ではあります。(笑)
もういっそ蒼紫二番手にしてその辺りのエピソードやればよかったのに…。


全体的に雪組生のキャラクター再現度はかなりのものでしたので、あとは脚本との溝をどう埋めてくるか。
東京も見に行けたらいいなぁ…。
スポンサーサイト

テーマ:宝塚 - ジャンル:アイドル・芸能

久々にムラに行ったというだけのくだらない話

祐飛さんの最後のお茶会で隣のマダムに声をかけられた。.

「あなた、いつからファンなの?」
「…暁のローマ…ですかね?」
「あら、私パリ空からなの。先輩ね!」

そんな会話からお茶会が始まるまで私たちは祐飛さんの思い出話を始めた。

「本当、いろんなとこまで公演見に行ったわ~」
「…そうですねぇ。博多に名古屋に…(しみじみ)」
「ムラにも行かなくなるんだろうな~。あ、手形は見に行かないとね!!」

… て  が  た !!

トップスターは退団時に手形を残して卒業していく。
それは宝塚歌劇の本拠地である兵庫県宝塚市の宝塚大劇場通称ムラに展示される。
愛した贔屓の忘れ形見を見ずに死ねるか…!!というのがファンの心境である。

…とはいえ、初めて愛した贔屓の退団の傷は深く、うだうだしているうちに月日は流れていった…。

非ヅカ友達に退団がどれほど辛いかを半泣きで訴えていた私の常套句が以下のフレーズになる。

「長年付き合った彼氏がモロッコへ性転換手術に行ってしまう心境だよ!わかりますか?」

勿論、そんなことを言っても「大体はわかった…」という曖昧な感想が返ってくるだけで、誰も共感はしてくれない。
…ちなみにカルーセル麻紀はモロッコで手術をしている。

モロッコへ行って帰ってきたとしても、それは同じパーソナリティではあるがどこかしら別物であり、愛してはいるのだが長年付き合った彼氏その人ではない。
そして新しい人生を歩む性転換した彼氏でなくなったその人の明るい未来を祈りながらも、過去の面影を思い出しながら日々は過ぎていく…。

…退団というものはそういうものなのである。
※あくまで個人的な主観です。

冒頭の会話から早4年。未だ手形参りをしていないことが心残りだった私は、非ヅカファンの友人K氏がるろうに剣心を見たいと言ったので、これを期にムラ行ってみるか、という気持ちになった。
なんせ4年も避けてしまったのだ。
第三者の助けなくしてはムラには行けまい…。

夜行バスで梅田、阪急電鉄で宝塚というルートでムラへ。
宝塚という街は相変わらず不思議なところで、降り立った瞬間からディズニーランドのようなファンタジーと温泉街である庶民的な暖かみが混在している異様な街だ。

なぜか私より宝塚特集テレビを見ているK氏は、着いて早速ジェンヌさんとファン御用達のモナカ屋に行きたいと言い出す。
我が家にテレビなどないのだ…。
引退宣言をしたらしい店員のおばぁ様にテレビを見て来た事が伝わると、K氏に向かって関西弁で感謝の意とヅカファンにしか分からない専門用語で今回の公演について語ってくれるというサービスっぷりだったが、K氏は大半の内容に疑問符を浮かべていたので、花の道を歩きながら通訳をした。
そして久々の宝塚大劇場にたどり着く…。

足を踏み入れればそこはもう宝塚歌劇一色なので、初めて来たときはもう心の中で小躍りしてしまうくらい嬉しかったのを覚えている。

とりあえず、キャトルレーヴでスター様のお写真を堪能し、(ちゃぴのなんかきれいなやつ買いました。)
宝塚歌劇の殿堂へ。

IMG_2177.jpg

おそらく100周年に照準を合わせて作られたと思われる。
勿論、100周年を前に贔屓が退団してしまったため、初めて足を踏み入れる。
まさかの宝塚友の会のカードで2名まで半額。

入ってまず往年のスター様の肖像や思い出の品に圧倒される。
ついついまじまじと見てしまった…。やはりなかなかファンはやめられない。

そしてパレード体験コーナーでは羽を背負いシャンシャンを持って撮影ができる。
なんたる至福!!
羽は違うけれどもシャンシャンはおそらくトップが使っているものかと…。
これ、贅沢ですなぁ。
笑顔全開のK氏に対し、男役さんを意識したのかキメッキメの顔をしている私…。
恥ずかしいのでお見せできません…。

…そして宙組特集だったため、会場内では祐飛さんトップ時の映像が流れております、ありがたや!!
それにしてもタカハナ時代以降からの流れって本当…なんていうか予想外ですね…、タニちゃん以外…。

IMG_2181.jpg

…妖しいカリスマ性!?
…間違っちゃいないけど…。

IMG_2180.jpg

…そして手形とご対面。

IMG_2185.jpg

手形は動かないのに無駄に何パターンも撮影…。
思うところがありすぎるけれども、特に騒いでも周りに迷惑なので心で叫ぶ。

…これでいろんな気持ちが成仏できました。合掌。

そのような形で手形参りも終え、噂の限定メニュー、牛鍋を食し、雪組公演を堪能するのであった。

IMG_2188.jpg


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

Twitterはこちら

星逢一夜/バイレ・ロマンティコ La Esmeralda

星逢一夜


星逢一夜

前評判で聞いていた通り、案の定号泣ですよ、これ。

舞台は江戸中期徳川吉宗の時代。享保の改革の話ですね。

星を見ることが好きな主人公、天野紀之介のちに晴興(早霧せいな)は藩主の息子なのですが、
星逢いの日(七夕ですね)に村の子供、源太(望海風斗)と泉(咲妃みゆ)に出会います。
紀之介は支配する側でありながらも農民の子供達に星を見る楽しみを教え、慕われます。
やがて大人になり、将軍の意のままに任務を遂行する彼は次第に農民たちの敵となっていく。
噛み合うことのない運命の歯車は進み続け後戻りなどしない。

それぞれの使命から逃れられないかつての友同士は、それぞれの破滅へ向かうしか道がなくなってしまう。
その一部始終を見届けるヒロイン…。

そうです、主人公達はどんどん破滅へと向かっていきます。

どこかで救いがあれば…と願ってはいましたが、これが現実。
当時の身分社会は変えることのできない現実で、こちらが願ってもどうにもならない事実なのです。
救いなど、ない。

源太は貴姫(大湖せしる)と縁談が決まった晴興に「泉をもらってほしい」と言い、
泉は陸奥へと流されることになった晴興に「一緒に逃げよう」と言う。

ただそれは絵空事でしかない。
そして皆それを分かっている。

そんな空虚な現実が、夢を描いた子供時代と交錯し、涙を誘う。
現実と向き合わなければならない、それが大人になるということ。
子供時代とのコントラストがなんとも言えない切なさを感じさせます。

ちぎちゃん、だいもん、ゆうみちゃんの演技が本当に泣かせにかかってくる。
特にゆうみちゃんのこういう役は私、弱いです、本当…。
しかし、感想を書いてみて役が少ないんですね、これ。


バイレ・ロマンティコ LaEsmeralda
斎藤先生のラテンショー。
同じラテン系のショーでも演出家によって色使いが変わってくるのは面白いですね。
斎藤先生はいつもブラジル系。リオのカーニバル的な。
毎回入れてくるスポーティーな場面、今回はF1…
楽しかったです、ええ。

終始ノリノリで休む間もないですが、それはそれで楽しい。
雪組をここのとこと全然見ていなかった私ではありますが、色々と若手も場面があって古い情報がアップデートされました。

…そして個人的に久々に拝見した大ちゃんにドキドキしながら帰ってくるのでした。笑


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

Twitterはこちら

テーマ:宝塚 - ジャンル:アイドル・芸能

1789-バスティーユの恋人たち-

アルトワ伯


もうタカラヅカお得意のフランス革命ですよ、フランス革命。
それでも、なんだかんだで主役は大抵貴族だった訳ですが、今回の主人公ロランは農民。
お父さんが貴族に殺されて復讐を誓いパリにやってきて革命派と戦いながらも、王太子付きの侍女と恋をするという(勿論、身分違いです!)
あらすじからして面白くない訳がない。

…とは言え今回配役発表時から気になっている、相手役であるオランプをトップ娘役が演じず、
マリー・アントワネットに回るという…。
トップコンビが恋人同士でない、というタカラヅカでは珍しい事例であります。

タイトルにバスティーユの恋人たちってありますが、これには主人公カップルだけでなく、アントワネット(愛希れいか)とフェルゼン(暁千星)も含んでるのでしょうね。
アントワネットをちゃぴにやらせたのは、歌えて王妃としての存在感を出すことが出来る娘役が今の月組でトップであるちゃぴしかいないっていうのもあると思いますが、
(実際、ちゃぴのアントワネットに泣かされまくりました)
しかし、小池先生はパンフレットでアントワネットがヒロインと言い切っていて、ヒロインだからちゃぴをアントワネットに持ってきた、みたいな言い方。
要は主役はロランとオランプ、アントワネットとフェルゼンという2組の恋人たち、と考えてても良いと思います。
基本は群像劇でありながらも、色々と立場の違う恋人たちの模様を描くことでフランス革命を多角的に描くことができる訳です。奇しくもフランス革命で命を落とすのはトップコンビが演じてる役たちという…。

それにしても、この民衆のぐわーっていう勢いに弱い私は、良いシーン満載で大満足。
本家のフランスミュージカルにどの辺まで忠実に作られているかどうか存じませんが、民衆の描かれ方、それに対する王宮内の動きが細かく描写されていたので、フランス革命を客観的に見ることができます。
革命派も実際農民とブルジョアで身分に差があった訳で、主人公が最下層の農民ですから仲間内の衝突もしっかり描かれているのが良いですね。
王宮は王宮で権力が交錯する。

日本製だと結構一辺倒になりがちなんじゃないでしょうか。白黒明白、みたいな。

小池先生らしい派手な舞台の使い方はあまりなかったものの、民衆や王宮の対立構造を舞台の配置で表現してしまうのはさすが。
客席から民衆がやって来たり、客席側に民衆を持ってきたりでフランス革命を肌で感じている感覚(単純に前の方で見れたのもありますが。笑)
ルイ16世のギロチンについてのエピソードも象徴的で良かったです。

その他出演者について

まさおはよく鞭で打たれていますね←
ちょっとやんちゃながら正義感あふるる主人公で、バスティーユに最初に乗り込んだのも頷けます。
ヒーローを好演しておりました。

アントワネットのちゃぴは素晴らしかった‼︎
あの最初の舞台セットと見紛うドレスに包まれながらの存在感。
王妃としての威厳。
本当良い娘役さんになりましたねぇ。と、しみじみ。

オランプは本日わかばちゃん。
可憐なヒロインを好演。
ロナンと自分の王宮での使命と揺れ動く様子を丁寧に演じていました。
自分の立場と恋で戸惑う様は切ない。

…アルトワ伯のみやるり。
この立ってるだけで悪そうな感じ、正直目が離せず。
否、よくよく見ていると媚薬取り出したり変な人なんですけど。笑
取り巻きも頼りないし…。
妖艶な悪い人ってとっても魅力的でして…。
で、またフィナーレで金髪好青年で出てくる訳ですよ‼︎
そのギャップがたまらないですね…いやあ、素敵でした。

革命家もみんなカッコイイ。
たまきちは安定してるし、コマちゃんもキラキラ…笑
そして、どうしよう…。かちゃが…カッコイイ…。
すみません、私にとっていつまでもかちゃは少年だったんですけど、急に男らしくなっていてときめきました。笑

フェルゼンの暁千星くんは、注目株であるというのは納得。
体格も良いし、お芝居も丁寧で、将来有望そうな雰囲気は伺えますが、いささか抜擢が早すぎるというか…。
トップ娘役を恋人にするのはまだ早いような印象でした。

マギーは鞭似合いますね…色々従えているのも納得な存在感。
るう君のネッケルも良かった。
ゆりちゃんはああいうちょっとコミカルな役が合うのかしら。

群像劇とあって、芝居上手な役者の多い月組にはぴったりな演目でちょっと目が足らなかったです。笑


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

Twitterはこちら

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

カリスタの海に抱かれて/レヴュー・ロマン 宝塚幻想曲

カルロ


チケットがないとくすぶっていた所、運よくお譲りいただき、感謝感謝です!!

カリスタの海に抱かれて

脚本は大石静氏。
美しき生涯も大好きだったのですが、今回は前回よりも役が多くて嬉しいです。
(前作は宙組の三番手以下のイケメン達がお笑い的なポジションでまとめられたのが結構ショックでした…私は)

毎回大石脚本の特に良いな~と思うところは、ヒロインが可愛いことだと思います。
なんでしょう…しっかり女の子っていうか…。
で、観客も大抵女子(年齢に関係なく、観劇中は皆乙女です。ええ。)な訳ですから、素直に感情移入してしまう訳ですよ。
美しき生涯の茶々も今回のアリシア(花乃まりあ)も好きな人と結ばれたいっていうのは一緒。(前者は政略結婚、後者は幼少期からの許嫁)
ちょっとわがまま言ってみたり、ドレスが着たかったり、好きな人の前でしとやかにしちゃうのも、分かるー分かるーって見てしまい…

…結果、おい男子!! …みたいな。笑
主人公カルロ(明日海りお)も恋より友情で、まぁ…あれですけど、ロベルト(芹香斗亜)よ…女は力づくでは手に入りませんよ…。

…と、感想を書いてみてアリシア視点で見すぎていた自分にびっくりはしましたが、あえてアリシア目線で行ってみます。笑

物語の舞台、カリスタ島というのはフランス領の架空の島でして、フランス革命のさなか、独立を目指しています。
フランスの統治下で奴隷のような生活をしていた島民たちは28年前、アルドという男を中心にフランス軍に抵抗します。
しかし、アルドは処刑され、その日に生まれた男児が後継者だと言い残しますが、二人生まれていて…
なんかデジャビュと思ったら太王四神記か…笑
それが主人公カルロとヒロインの許嫁ロベルトな訳ですが…。

おそらくアリシアの物心ついた頃から男の人たちは血気盛んにフランスへの復讐に燃えていて、(お兄ちゃんも許嫁もですからね)
恨みつらみを聞かされている中、カルロに出会うわけですよね。
カルロもカリスタの独立は願っているけれども、策略を練ってできれば平和的に解決したい。
いわば体育会系の群れの中に頭のキレる冷静な男が急にやってきた訳ですから、
それは惚れない訳がないですよ。

カルロはアルドを裏切り、フランスで貴族となった親の元に生まれ、フランスに渡ったものの本物の貴族ではないし、島では裏切り者扱いだし、よくすれなかったな~と思いますが、そこはみりおのおぼっちゃま的な品の良さでカバー。笑

フランス兵の前ではてきとーな風を装って、島民を計画的に訓練し、さらにナポレオンと色々密約交わしてたり。
ちょっとできすぎなんですけど、女性に対しては真面目そうな感じとか、アレずるいですよ!笑

そんな人にドレスのリボン結んでもらったり、ダンス教えてもらえたら本当 惚れない理由が見つからない。

アリシアはある意味、現代的な女性ではあります。
パリの暮らしを知りたい、ドレスが着たい、もっと広い世界が見たいというのが本音ですから。
それに対しアニータはアリシアに「生きることは諦めること」と説きます。
カルロへの恋心を諦め、許嫁であるロベルトを選べと。

大石氏いわく、アニータの説く「生きることは諦めること」は物語の裏テーマでもあるとパンフレットで語っています。
女性活用云々言っている社会ですが、まだまだ女の諦めることは多いわけで…とは思いますが、
アリシアは最終的に自分の生きたいようにカルロと共に島を出るのですから、結局「諦めるな!」ってことですかね。

その他出演者雑感
・ロベルトのキキちゃん、とにかく血気盛んな人で心配になるくらい熱い男でした…。
・みりおの隣のイケメンは誰!?と思ったらちなつちゃん。宮様演じてた時も思いましたが、品がありますね。
・れいちゃんのナポレオン、喋るとすごい。なんだろうあの大物感…
・じゅりあちゃんの姐さん感がたまらない…
・正直、かのちゃん心配だったんですけど、芝居良いですね~。声とかも。


レビューロマン 『宝塚幻想曲』

全然前情報なしで見ていまして、後で気が付きました。
これ、台湾公演持ってくんですね~。
どうりで所々和テイスト。
しかし、いささか中途半端な感じも。衣装の着物地入れ方ももうちょっとはっきりしていても良いのでは?
群舞の「さくら」のアレンジは素敵でした。
曲も良いけどダンスの構成も見ていて楽しかったですね。

その他諸々。
みりおは歌えるから安定感はありますけど、みりおっぽい場面があまりなかった印象。スタンダートな感じで。
かのちゃん、ショーのが可愛いですね。なんだろ?鬘かな?
みりおときらりちゃん絡むシーン、きらりちゃんの男役さんへ向ける表情の細やかさに改めて感心。本当良い娘役さんでした…
れいちゃんって手足が長い上、手がやたら大きいのも男役として恵まれていますね。
ショーでもちなつちゃんに結構やられていたのですが、オペラで見ているとそういえば花組、若手男役充実しているのになんでぶっこんできたんでしょうか…。ま、楽しいから良いか。笑


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

Twitterはこちら

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。